男の人

自転車保険がお守りに|入っていて損は無し

万一の備えが必要

相談

日頃利用している自転車で、まさか事故を起こすとは思いたくないでしょう。でも大勢の人や物に囲まれて生活している以上は、起きる可能性はあるのです。起こしてから困ることのないように、最低限の損害保険には加入しておきましょう。

More...

気になる保険

困る人

1日保険は、短期間の時に利用ができ、スマホやコンビニで簡単に申し込むことができます。数百円の掛け金でも補償の内容は充実しており、問題が発生した場合にすぐに解決に導いてくれるようです。また、時間帯を問わず適切な対応が受けられます。

More...

海外旅行も安心です

男性

海外旅行中には様々なトラブルが予想されます。言葉の通じない、社会通念も異なった海外でトラブルにあった場合、冷静に対応することは困難ですので、海外旅行保険に加入することが大変重要です。保険に加入することでトラブルにも冷静に対応できます。

More...

主な補償は2つある

ウーマン

自転車保険について詳しく知っている人はまだいないのが現状です。地方自治体が自転車保険の加入の義務化を検討しているほど重要にも関わらず、その仕組みはまだ広く周知されていないので、ここで理解を深めましょう。自転車保険の特徴は自転車事故だけを補償するものではありません。自転車事故を含んだ様々な損害保険です。自転車保険の補償は主に次の2つになります。すなわち、1つは事故で怪我をしたときに発生する治療費を補償する「傷害補償」です。もう1つは相手自身とその持ち物に損害を与えたときに発生する損害賠償金を補償する「個人賠償責任補償」です。どちらも自転車に必ずしも乗っていなくても補償されますので、非常に便利です。

自転車保険に付帯している傷害保険の代表的なものとして「交通事故傷害保険」があります。この範囲は普通の人が思っているよりも幅広いです。自転車だけでなく交通乗用具が原因で起こった事故でも補償されます。交通乗用具とは汽車、ロープウェイなどの軌道上を走行する乗用具や、自動車、自転車、ベビーカーなどの軌道自体がない乗用具が代表的です。また、自転車保険に加入するときには個人賠償責任保険を特約という形で付帯することをおすすめします。これは日常生活で他者を傷つけたり、持ち物を壊したときの賠償責任を補償してくれるものです。大抵は不注意によって生じた事故で起こるものが多いです。保険料としては月額で100円から200円程度です。