万一の備えが必要|自転車保険がお守りに|入っていて損は無し
ファミリー

自転車保険がお守りに|入っていて損は無し

万一の備えが必要

相談

利用には気をつけて

車と違って、自転車に対する認識は意外と甘いものです。自転車は、人がまたがってこぐという状態から考えると、ついつい大きな事故になるという考えが及ばないのでしょう。しかし、自転車を全速力でこぐと非常に危険であり、人や物に接触すると大惨事を起こしうるのです。現実問題として、これまでに自転車走行中に人との接触事故を起こし、相手の方を意識不明にしてしまった事故も起きました。その結果、とても支払いができないような多額な賠償金を命じられたこともあり、自転車に乗る際も損害保険に入っておく必要が出てくるわけです。大人から子供まで手軽に誰でも乗れて、ついつい慢心してしまう乗り物ですが、利用の仕方によっては生涯かけても償えない事故につながることを考えておきましょう。

安心して生活

自転車の損害保険は、車に付いていたり、家の保険に付随している場合もあります。保険に加入されている方は、今一度その内容をよく理解し、自転車で起きるトラブルも対象になっているかどうか、よく確認しておく必要があります。もし何も適用されるものに入っていない時は、早急に加入を考えましょう。近年では非常に安価な自転車の損害保険も登場しています。値段にすると、月々の支払いが数百円程度で済みますので、加入を検討されるとよいでしょう。これまで障壁だったのは、年齢制限が損害保険には設けられていたことです。しかし最近では、高齢者や幼い子供でも対象となる年齢制限なしの損害保険が出始めました。こうした保険に加入しておくだけで、万一の時に対処することができます。